紫外線治療|いなみや皮フ科クリニック|地下鉄今里駅の一般皮膚科・美容皮膚科

〒537-0014
大阪府大阪市東成区大今里西1-26-5 ロハスプラザ今里205
06-6973-0086
ヘッダー画像

紫外線治療

紫外線治療|いなみや皮フ科クリニック|地下鉄今里駅の一般皮膚科・美容皮膚科

紫外線治療

皮膚疾患の治療法のひとつに【紫外線療法】があります。

昔から日光浴をすると乾癬が良くなるとか、アトピー性皮膚炎のかゆみに効くことが知られていました。

長波長の紫外線(UVA)や中波長紫外線(UVB)を皮膚に照射することによって、免疫反応や細胞増殖を抑える効果が期待できるため、尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎、尋常性白斑、円形脱毛症、掌蹠膿疱症などの治療で用いられます。

近年では中波長紫外線(UVB)を皮膚に照射する方法の一つであるナローバンドUVB療法が主流となっております。

ナローバンドUVB療法とは、紫外線の1種であるUVBの中でも、皮膚疾患に効果が認められている311nm(ナノメートル)付近の幅の狭い波長(ナローバンド)のみを照射することができる光線療法です。従来の紫外線治療と比べて、発がん性の高い波長の光や治療効果の低い波長をカットし、治療に必要な特定範囲の紫外線のみを照射することで、より効果が高く、紫外線による副作用を最小限に抑えることができます。

当院では症状や病変範囲に応じて、広範囲に照射するダブリン7と小範囲の局所に照射するターゲット型308エキシマ―システムにて治療を行っております。

適応疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬
  • 円形脱毛症
  • 尋常性白斑
  • 掌蹠膿疱症
  • 類乾癬
  • 菌状息肉腫
  • 悪性リンパ腫
  • 慢性苔癬状粃糠疹

治療頻度

最初は1週間に1〜2回程度から始め、症状が軽快したら照射間隔をあけていきます。

費用(保険適応)

3割負担の方で1,020円程度(初診料や再診料は別途必要です)

副作用

短期的な副作用としては、照射した部分の赤み・ほてり・色素沈着などがあります。
長期的な副作用としては皮膚癌の発生などが挙げられますが、現在のところ通常の照射によって皮膚癌の発生率が明らかに増大するという報告は見当たりません。

治療できない方

  • 皮膚がんやその既往のある方
  • 日光に当たることを禁止されている方(例えば色素性乾皮症という珍しいご病気の方)
  • 光線過敏症の方
  • 光線で炎症を起こしやすくなる薬を投与されている方(特に湿布薬にご注意ください)
  • 免疫抑制剤の治療をされている方

ダブリン7

ダブリン7

308エキシマ―システム

308エキシマ―システム

Page Top